評価されるエンジニアのスキルからキャリアパスをご紹介

評価されるエンジニアのキャリアパス

評価されるエンジニアのキャリアパス

ハイレベルなスキルを有し、そのスキルに見合った評価を得るエンジニアとしての将来設計について考えてみましょう。前項でも解説してきましたが、単純にハイレベルなスキルを持っているだけでは、評価されるエンジニアとして不足があります。評価されるエンジニアになるためのヒューマンスキル、顧客満足度、キャリアパスについて解説します。

評価されるエンジニアのヒューマンスキル

評価されるエンジニアのヒューマンスキル 評価されるエンジニアのヒューマンスキル
何年も前から、流行り言葉のように使われ続ける「ヒューマンスキル」という単語を、ここであらためて取り上げます。ヒューマンスキルというものを正しく理解できているでしょうか。ヒューマンスキルの高い人について、穏やかで人と衝突せず、誰から見ても感じが良く、人あたりの良いさわやかな人、いわゆる良い人をイメージしていないでしょうか。ヒューマンスキルとは、そのような形骸的なことではありません。物事の本質を見極める力が、ヒューマンスキルにつながります。エンジニアである前に組織人であるという事実を正しく認識する力、その認識に立った言動ができるかどうかということです。

評価されるエンジニアの資格

評価されるエンジニアの資格 評価されるエンジニアの資格
エンジニアとして、どの程度の知識力と技術力を備えているのかを、客観的に判断するための、シンプルでわかりやすいツールとなるのが資格です。資格取得に関していえば、各分野において、ある一定以上の知識とスキルを有しているかどうかを判定するためのシステムが用意されています。資格は、自分自身のスキルレベルを見える化するためのツールであり、また、自分自身の持つスキルを確認するためのツールとしても有効です。資格を持つことで有利にはたらくことはあっても、損をすることはないでしょう。もちろん、資格を持っていれば優秀かといえば、決してそうではありません。

評価されるエンジニアの顧客満足度

評価されるエンジニアの顧客満足度 評価されるエンジニアの顧客満足度
エンジニアとして日々の任務を遂行する上で、顧客満足度について考えたことはありますか?システムエンジニアなど、フロントに立ちクライアントと接する機会を持つエンジニアであれば、顧客満足度を意識することはあって然るべきですが、クライアントと接点のないプログラマの場合、顧客満足度について意識したことがないという人もいるのではないでしょうか。企業のプロジェクトで開発するシステムやサービスには、必ずそれを使う人、顧客が存在します。顧客の存在を意識できるかどうかは、エンジニアとしての成長にも影響します。顧客満足度を意識できるエンジニアは自然と評価の高い仕事をするようになるでしょう。

管理職?専門職?エンジニアのキャリアパス

管理職?専門職?エンジニアのキャリアパス 管理職?専門職?エンジニアのキャリアパス
エンジニアとしての将来を考える上でのポイントの一つが、管理職を目指すのか、プロフェッショナルを目指すのかという選択です。この選択を迫られるのは、何もエンジニアだけではありません。営業マンであっても、経理マンであっても同じです。誰でも最初は皆プレイヤーからスタートします。プレイヤーとして鍛えられ、経験と力をつけて成長していくわけですが、そのままずっとプレイヤーでいるべきなのか、監督業に移行するべきなのかを考える必要性が出てきます。エンジニアという専門的職業の特性上、この選択肢にはできるだけ早いうちに対峙し、こちらのサイトなど求人情報サイトを参考に方向性を決めるのもいいかもしれません。

エンジニアが注目する記事

Copyright c 2014 評価はこれで決まる!エンジニアお仕事メモ All Rights Reserved.