評価されるエンジニアになるために意識することをご紹介

評価されるエンジニアになるために

評価されるエンジニアになるために

評価とはつまり、給料であり、処遇であり、ポジションです。エンジニアに限らず、企業で働くサラリーマンであれば、「正当な評価」を求めるのはごく自然なことでしょう。エンジニアは技術職ですから、まず技術力が評価基準のひとつとなることは当然のことです。しかし、エンジニアであっても組織の中でチームの一員として働く以上、技術的なスキル以外にも、必要となるスキルがあります。

エンジニアは評価よりも職場での評判を大事に

エンジニアは評価よりも職場での評判を大事に エンジニアは評価よりも職場での評判を大事に
昇給や賞与、昇格、人事異動など、サラリーマンライフに大きな影響を与えるのが、評価です。評価など全く気にならないというエンジニアはまずいないでしょう。評価を気にするエンジニアが認識しておくべきことは、技術力さえ磨けばいいというものではないという事実です。当然、技術者である以上、より広い知識を持ち、よりハイレベルなスキルを磨くことは高評価につながりますが、それに加え、組織で働く組織人としての意識の高さが必要。人の目を気にして迎合するのではなく、社内における自分自身の立場と役割を正しく理解できているかどうかが、ポイント。自身の役割を正しく理解している人は社内の評判もあがるものです。

評価されるエンジニアがやらないこと

評価されるエンジニアがやらないこと 評価されるエンジニアがやらないこと
エンジニアとして評価をあげるために認識すべきことは、組織の中における自分の役割を正しく理解することです。それに伴って、具体的にどうすればよいのかは、各自の役割に従って改めるべきことを改めてほしいと思います。どうも正当な評価をえられていないと感じているエンジニアや、具体的に何をどう変えればよいのかわからないエンジニアは、「評価されるエンジニアがやらない行動」をチェックしてみてください。おそらく、ひとつも当てはまらないというエンジニアはいないでしょう。あてはまる項目があるからと言って悲嘆するのではなく、自身を改めるべきヒントとして前向きに捉えてください。

エンジニアはどんな軸で評価されるのか

エンジニアはどんな軸で評価されるのか エンジニアはどんな軸で評価されるのか
エンジニアの評価に対する認識、そして評価されるエンジニアとして避けるべき行動を理解したところで、あらためてエンジニアの評価において軸となる評価基準を具体的にいくつか見てみましょう。問題の発見力や課題解決力、シンプルな設計ができる力など、他所でも目にしたことがありそうな項目ですが、なぜ評価軸がそこにあるのかを考えることでエンジニアとしての器が広がります。エンジニアである以前に、組織人であり、組織を構成するのも、開発したシステムを使うユーザーも、すべて人間であるということを頭におきながらチェックしてください。今までとは違う感性で受け入れられる項目があるのではないでしょうか。

生産性の高いエンジニアが評価されるための仕組みを考える

生産性の高いエンジニアが評価されるための仕組みを考える 生産性の高いエンジニアが評価されるための仕組みを考える
民間企業は利益を追求します。まず自社が利益を上げなければ、提供するサービス、商品などで社会に貢献し社会に利益をもたらすという役割を果たすことはできません。利益とは、大まかに言えば生産性、つまり効率です。そういうシンプルな観点に立てば、どんな職種であろうが、社員の評価の基準も生産性の高さがもっと重要視されるべきでしょう。しかし、日本人らしい企業体質、風土、文化、そして、個の感情などにより、この評価がぶれてしまうことが往々にしてあるのも事実です。評価されるべき生産性の高いエンジニアが正当に評価されるための仕組みと、エンジニアとして考えるべきポイントを提言します。

エンジニアが注目する記事

Copyright c 2014 評価はこれで決まる!エンジニアお仕事メモ All Rights Reserved.