評価されたいならこれをチェック。絶対にやってはいけないこと

評価されるエンジニアがやらないこと

評価されるエンジニアがやらないこと

エンジニアであってもどんどん出世したいと思っている人もいるでしょうし、誰もが昇給を望んでいるでしょう。評価されなければいつまでもいまのままです。では、どうすれば評価を上げることができるのでしょうか。そんな簡単に評価を上げることはできないでしょうが、評価が下がることを回避していくことで、結果として評価が上がると思います。まず、絶対にやってはいけないことをまとめました。評価をされたいなら、これらをやっていないか自分を厳しくチェックしてみましょう。

社会人として評価を下げること

○反省をしない。
○困難から逃げる。
○決定から逃げる。
○責任から逃げる。
○人の話を最後まで聞かない。
○記録しようとしない。メモを取らない。
○事なかれ主義で、他人と同じことしかしない。
○目標がない。立てようともしない。
○努力しようともしない。
○良くすることよりも、悪くならないことを考える。
○格下の人のことばかり気にして比べたがる。
○優先順位が付けられず、言われた順番に仕事をする。
○他人を信じようとしない。自分しか信じない。
○仕事を成し遂げることなく、途中で満足してしまう。
○まわりのことを気にすることができない。自分だけ良ければいいと思っている。

エンジニアとして評価を下げること

○挑戦しない。
○チャンスが来ると怖気づく。
○同じことを何度も調べる。
○自分の価値を高めることをしない。
○自分の記憶を過剰に信じる。
○自己分析ができない。
○刺激や変化に弱い。
○トラブル対応ができない。
○説明が下手なことを仕方がないと思っている。
○伝えるということを模索しない。伝わらないのは相手が悪いと決めつける。
○反論はするが、代替案は出さない。
○先頭に立って動かない。
○上下関係が苦手。
○自分の意見を出そうとせず、人に流される。
○人のせいにして、自分で責任を取ろうとしない。
○理屈ばかりで、人間性を認めない。
○仕事を中心に考えられない。
○信頼関係を築けない。目先の利益で人付き合いをする。
○将来のチャンスのことよりも、今の安泰や過去の栄光ばかり気にする。

まとめ

あなたはいくつチェックが付きましたか?
みなさん人間なので、多少は当てはまることがあるとは思いますが、”社会人として評価を下げること”で4個以上、”エンジニアとして評価を下げること”で6個以上、計10個以上当てはまった方は要注意!減点主義に陥ることは良くないと思いますが、評価を上げるにはまずこれらを意識しながら日々の業務に励むことをおすすめします。

エンジニアが注目する記事

Copyright c 2014 評価はこれで決まる!エンジニアお仕事メモ All Rights Reserved.