評価よりも「職場での評判」が人事を左右する?人望を大切に

エンジニアは評価よりも職場での評判を大事に

エンジニアは評価よりも職場での評判を大事に

一般的に4月は異動の時期です。エンジニアも同様に希望している部署に行けるか行けないのか気になる時期でもあります。希望する部署があっても自分ではどうすることもできないと諦らめている人も少なくないのではないでしょう。
「異動は、人事や経営層が決めることだから」と諦めていないで、自分で評価を上げる工夫をすることが大切です。「仕事さえがんばっていればいつか認められる」などと楽観的に考えていては高評価をもらうことは難しいのです。

評価より評判を大事にする

評価とは、金額や点数など定量的な評点であるのに対し、評判とは主観的な感情による情報です。どんなに技術力があって、バグの発生件数も少なく作業時間も早いと評価が良くても自分勝手で取っ付きづらいなどの評判があると、部門長としては自分の部署に引きぬきたくはないでしょう。人事においては、ときとして評価よりも評判のほうが判断材料になることが多いのです。社内でマイナスな評判が立たないように注意することが大切です。

評判を上げるには

評判をあげる一番の方法は、自分のキャラクターやポジションを客観的に理解し、それを演じきることです。会社などの組織では、人それぞれ役割があります。新人であればがむしゃらにがんばる。リーダーはメンバーをまとめるなど、立場によっても役割は異なります。それをきちんと理解してやりきることが大切です。これを理解せず、新人のくせに先輩を下に見ていたり、リーダー格なのに下働きばかりしていては評判は下がるばかりです。
また、「態度」も重要な要素です。いくら「評価」が良くても横柄な態度をとっては絶対にダメです。「あの人は、成績は良いけれど、態度が悪い」とするに悪評されるでしょう。謙虚さを忘れてはいけません。

希望しない異動には

異動には決して希望していないものもあります。左遷ともとれるような異動が下ることもあるでしょう。ポジティブな人であれば、「心機一転、新しい部署でがんばろう!」と考えることもできるでしょうが、普通はそこまで思えるものではありません。ただ、大企業であれば、いろいろな業務を経験させるという意図があっての人事ということも考えられますから、慎重に見極める必要があります。
なんの意図もなく、ただただ自分の嫌いな部署に異動になった場合は、前述の評判の話を思い出してみましょう。評判が良ければ上司も話を聞いてくれるでしょう。逆に、評判を下げて「新しい部署は向いてなかった」と会社に思わせて元の部署に戻るという高等テクニックもあります。

エンジニアが注目する記事

Copyright c 2014 評価はこれで決まる!エンジニアお仕事メモ All Rights Reserved.