なぜエンジニアが評価されないのか

エンジニアが評価されにくい理由

エンジニアが評価されにくい理由

高度な専門的知識を持つ技術職である割りに、エンジニアの評価、主に給料が低いと感じていませんか?おそらく世間一般的に言われている共通感覚として、エンジニアは評価されにくいという印象があるのではないでしょうか。これには、古くから根付いている日本の企業文化や体質なども影響しています。

企業の優秀なエンジニアが評価されにくい理由

企業の優秀なエンジニアが評価されにくい理由 企業の優秀なエンジニアが評価されにくい理由
エンジニアという職業の歴史はまだまだ浅いものであるということを忘れてはいけません。そして、エンジニアが扱う技術は日々進歩し続けており、経験だけでものを言える分野にはありません。サラリーマンによくありがちな、根本的な勘違いは、上司は万能であるという思い違いです。エンジニアという分野で言えば特にこの傾向は強くあらわれます。高い技術力をつきつめるハイスキルなエンジニアほど、マネジメントには向かない傾向があります。裏を返せば、マネジメント力の高さや人間力を評価されて出世したエンジニアに、部下の技術力の高さを正しく評価できるだけの目があるとは限らないということです。

アメリカと日本のエンジニアの評価の違い

アメリカと日本のエンジニアの評価の違い アメリカと日本のエンジニアの評価の違い
エンジニアとしての本領を発揮しやすい環境が、日本企業に整っているのか?という視点でエンジニアの評価を考えるにあたり、わかりやすい例としてアメリカのエンジニアの労働環境と比較します。国が違えば文化も価値観も感性も異なります。どちらが良いと一概に言えるものではありません。サラリーマンとして穏やかに働きたいのであれば日本企業の労働環境は極めてやさしさに満ちているという考え方もあります。しかしスキルに自信があり向上心と探求心を持つ優秀なエンジニアにとって、日本とアメリカどちらがその力を存分に発揮できる環境かという軸で比べれば、現時点ではアメリカに軍配があがらざるを得ないでしょう。

エンジニアが注目する記事

Copyright c 2014 評価はこれで決まる!エンジニアお仕事メモ All Rights Reserved.