日本は枠組みの中での平等であり、アメリカはチャンスを与え続ける平等という違い

アメリカと日本のエンジニアの評価の違い

アメリカと日本のエンジニアの評価の違い

日本では、いまだにエンジニアが中心となった大企業が生まれていません。そこには日本とアメリカでエンジニアを取り巻く環境の違いがあるのだと思います。
特に、日本とアメリカでは「平等」という考え方に違いがあるようです。アメリカでは、「チャンスを与え続ける」ことが平等であるという考え方が多いようです。ITの世界ではアメリカの考え方に近いものが多いのも事実です。

完全成果主義

成果主義の動きは、日本でも年々強まってきていますが、アメリカに比べると数はかなり少ないのが現状です。アメリカでは、たとえ低学歴であっても優秀なエンジニアは引っ張りだこで、すぐにスカウトされます。ITで有名なシリコンバレーでは、平均勤務期間は2年といわれています。それだけ、成果主義が浸透しており、エンジニア側もより大きな成果をあげて自分を評価してくれる会社を求めながら働いていることがよくわかります。
日本で同じようなことをしようとすると確実に反発されるでしょう。日本は、過去の実績にとらわれ過ぎる傾向があります。どんなに優秀なエンジニアであっても、会社の過去の実績から破格の給料を出すこともできません。引抜いた人材を管理職に登用することさえ難しい会社がほとんどなのです。

高学歴主義

日本では、実際の技術力よりも学歴を重要視することが多いようです。プログラミングができなくても有名な偏差値の高い大学を出ていれば採用されやすく出世も早いのが現実です。
アメリカでは、MITを卒業した初心者エンジニアよりも高卒の優秀なエンジニアのほうが評価されますし給料も高いといいます。
エンジニアの世界は、必ずしも学歴と能力が比例するものではありません。

社会的な価値観の違い

そもそも日本のような枠組みを重要視し、その中の平等を重んじる社会では、エンジニアのようなアメリカに近い文化は馴染まないのかもしれません。日本では、エンジニアの地位は低いままです。エンジニアのまま経営層まで出世する人などほとんどいません。これは、日本という社会全体がエンジニアを評価できない文化であるともいえます。そんな日本でエンジニアが高い評価を得てのびのびと仕事をするのは難しいことなのかもしれません。
ただ、やっと最近になって日本でも希望を感じる会社が誕生してきているような気がします。また、そういった会社が日本のIT業界を引っ張っているようなことさえ感じます。やはり、この日本においてもそういったマインドを持った会社がIT業界では成功するのではないでしょうか。そして、そういった会社のエンジニアが活躍し、それ相応の給料を貰えるようになったとき、他のエンジニアも評価される社会になるのではないでしょうか。

エンジニアが注目する記事

Copyright c 2014 評価はこれで決まる!エンジニアお仕事メモ All Rights Reserved.